MENU

結婚・お見合いの身辺調査

婚約者やお見合い相手といった婚約者やお見合い相手が浮気をしていた場合、その対応策には人それぞれ様々なものがあります。
浮気だけは絶対に見逃すことができず、離婚などの選択をする人が多い一方、浮気相手と別れさせることでやり直しを目指す人も珍しくありません。
特に結婚して既に家族がいる場合、その問題は夫婦間だけの都合だけで決められるものではないので、大切な子供の健やかな成長の為にも、やり直しの道を模索することは良い選択です。
しかしながら、何も証拠を持っていない段階で浮気をやめさせることは簡単ではありません。
いくら状況的に疑わしい場合でも、単純に問い詰めただけで浮気の事実を認めるケースは少ないですし、万が一浮気の事実が存在せず、単なる勘違いだった場合には、問い詰めたことで婚約者やお見合い相手との関係が壊れてしまう恐れもあります。
そこで、浮気をやめさせる為の証拠確保の手段として、探偵へ浮気調査を依頼する人が増えています。
近年では職業としての一般の認知度も高まり、かつてよりも探偵へ浮気調査を依頼するハードルは低くなっていますが、同時に探偵業者の数も増えているので、優秀な業者を見極めて依頼することが大切となります。
調査能力に優れ、鮮明な証拠を確保可能な設備も有している探偵に浮気調査を依頼すれば、言い逃れのできない確かな証拠を手に入れることができ、婚約者やお見合い相手と浮気相手を別れさせる力となってくれます。
また、探偵業者によっては調査後の対応を相談できるカウンセラーが在籍しているところもあるので、必要に応じて役立てましょう。
"

浮気?身辺調査が必要なわけ

婚約者やお見合い相手(結婚を前提)の浮気を疑っている方の場合では、身辺調査を行うことが必要になる場面がありますが、その方法としてはいくつもの方法が用意されています。興信所や探偵事務所などの相談機関に依頼をすることによって、近年では比較的低料金で済ませることも可能とされているものがありますが、身辺調査を行う場合では基本的にはターゲットとなる方を尾行する方法が選択される傾向にあります。しかし、家族など近い存在の方の場合で、自動車を所有している場合では、カーナビをチェックすることによって、大まかな行動を把握することも十分に可能なケースもあります。カーナビには走行履歴を残す機能が備わっていることが一般的になり、メーカーや機種によって違いがありますが、例えば過去30キロ以内の履歴を表示するものや、100キロもの距離を記録することのできる機種も存在しています。この場合ではどのような経路をたどって、どのような施設に入ったのかを判断することが容易になるために、まずは自動車をチェックしてみることも良い手段になります。また自動車の履歴だけでは決定的な証拠をつかむことができない場合では、やはり尾行調査を行って、身辺調査を進めていくことが望ましいことになります。現在では写真撮影の他にも映像でも記録を残すこともでき、調査内容によっては音声録音を行う場面も用意されているために、依頼者の希望によってある程度の判断を行うことができます。

結婚前の素行調査を行うなら

結婚前に婚約者やお見合い相手の身辺調査をすることは特別めずらしくなくなってきました。
最近のSNS,LINE,出会い系サイトの急増を考えれば、身辺調査も必要なのかも知れません。
特に尾行、張り込みなどで日常性格のパターンがわかるだけでも、相手がどのうな方がわかるもの。

 

身辺調査や浮気素行調査といっても、「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行されてから、
法律の範囲内での捜査となります。ですので、尾行や張り込み、聞き取り調査は合法で問題ありません。
ただ、個人の特定情報に関することは違法ととなるので、これをやってしまう探偵業者がいたら要注意。
違法捜査となると依頼者のアナタにもいろいろ面倒なことがおこります。
ましてや違法調査を知っていながら依頼したとなると、罰せられることもあるので絶対にやらないでください。

 

結婚前の身辺調査であるなら、日常の生活パターンや生活態度がわかるりますから安心です。
尾行でパチンコなどのギャンブルはしていないか?
キャッシング、ローンの借入に行って借金はしていないか?
キャバクラや風俗店に通っていないか?
そして、他の異性と密会(浮気)していなかいか?
などなど、これらの情報は今後の結婚生活において大切なこと。
親や家族(親族)がアナタのために身辺調査を行うことも、これらの問題があるかないかを証明するものなので、
そこら辺は理解してあげてください。身辺調査でギャンブル癖があった、風俗通いが激しいなどの問題が発覚するケースも
あるのは事実ですから、アナタの知らないことはないように身辺調査はしておいたほうが確実です。

更新履歴